中学受験勉強

中学受験への道

娘が中学受験を控えていますが、頑張っている姿を見て毎日応援する気持ちでいっぱいです。というのも、早稲田アカデミーに通うまでは成績もごくごく普通でしたし、自宅で勉強をしている姿はほとんど見かけませんでした。宿題くらいじゃないでしょうか。

我が家は兄が2人いて、上の2人の子供は男の子ですが、父親の影響で小さい頃からアメリカンフットボールに興味があり、父親の出身大学の付属校であり、アメリカンフットボールの強豪校でもある高校への進学を希望していたので、それなら中学からという話になり、中学受験をし、2人とも合格しました。

兄は2人とも自分から進んで勉強していました。なので、あまり息子たちの中学受験は苦労しませんでした。それこそ兄も早稲田アカデミーに通わせていましたが、勉強は塾に完全に任せていました。

しかし娘はそうではありませんでした。娘の場合は勉強は全くでした。

しかし、何か急に目覚めたように勉強して中学受験をしたいといいだし、できるだけ力になってあげようと通わせることにしました。

そうすると、物事に真剣に取り組むようになり、自宅でも自主的に学ぶようになりました。

通いだしてからというもの、成績も良くなっていき、教え方でこんなに違いが出るのかとビックリしたくらいです。

母親としては教育に熱心とまではいえず、娘にも勉強大変じゃないのと問うこともありますが、とにかく楽しいらしく、勉強を辛いという考えがなくなっているように感じました。

兄二人も早稲田アカデミーで中学受験をしたので、何も考えずに娘も通わせることにしました。

娘の急激な成長を見ていると良かったなと感じます。

授業は集中する環境といえ、だれもが授業中におしゃべりをしているなんてことも無いようです。

それだけ本気モードで取り組んでいることが伝わってきます。娘も中学受験目前ですが、安心して見守れます。

最初は兄2人が中学受験をしたという理由で受験を志したので、すべてがなんとなくでした。

特に行きたい中学校もあるわけではなく、どこでもいいやっという感じでした。

しかし、小4の時にとある女子高の文化祭に行き、「私この学校に通いたい!」と志しました。

あこがれた理由は制服と文化祭で見たチアリーディング部の演技にあこがれたそうです。

理由はとりあえず何であれ、自分からこの学校に行きたいという志望校ができてよかったです。

また、志望校が決まってからは、目標がはっきりとしたせいか、自ら進んで勉強をし始めるようになりました。

とりあえずは勉強は完全に塾に任せっきりになっていますが、それ以外のところではしっかりとサポートしていこうと考えています。
参考サイト